Top > 現金化 > クレカ現金化の換金率

クレカ現金化の換金率

クレジットカード現金化をする際は、換金率が重要となってきます。
理由は明確で、換金率が悪い現金化業者を利用すると損をしてしまいます。

例をあげてみます。
300,000円の申込の場合、換金率が80%ですと、240,000円が手元に入る現金となります。
300,000円の申込の場合、換金率が70%ですと、210,000円が手元に入る現金となります。

例のように換金率が10%違うだけで、手元に入る金額に差がでてしまいます。
今回の場合は同じ決済金額で手続きをしたにもかかわらず、30,000円も差がでてしまいます。
お客様にとっては、30,000円も違うと大きな痛手となりかねません。
クレジットカード会社への返済金額が同じですので、換金率は重要となります。
クレジットカード現金化業者の中には、ホームページに記載している換金率と、実際の換金率が違う業者が多いので注意してください。
ご自身が損をしないためにも、ご自身でしっかりと調べて現金化業者を調査するとよいです。

換金率とは違う呼び名で、買取率や還元率といっている現金化業者もあります。
調べるのは大変ですが、金額のことを考えると価値はありますので実践してみてください。
塵も積もれば山となるという、ことわざのように何回も利用した際には損する金額も増えます。
一度利用した現金化業者の換金率が低かった際は、再度調べて違う現金化業者を探す方が得策と言えます。
現在はネット社会になっていますので、嘘の情報もあれば本当の情報もありますので最終的にはご自身の判断となります。

こちらのサイトは有力な情報があります:ネオギフト口コミ

現金化

関連エントリー
クレカ現金化の換金率